☆現在は療術の極みを求めて海外、国内で武者修行中です。また日本で再開する事がありましたらお知らせ致します。

古武術整体・活法 療庵 一休

 

はじめまして、療庵 一休 庵主の中島と申します。

 

自身の施術庵を開く前は、空手着と医学書を詰め込んだリュックを背負い、25ヶ国以上の国で武者修行をしていました。

 

中国、インド、アフガニスタン、パキスタン、イラン、チュニジア、アルメニア、グルジア、ミャンマー、モンゴル、フィリピン…等々

 

様々な病院・接骨院・整体院に通い続けても改善しない方

 

ご自身の治療法は無いと諦めて、ただ我慢されている方

 

ヘルニア、すべり症、腱鞘炎等の手術を考えておられる方

 

そんな方こそ大歓迎です!

 

難しい方、大変な方、厳しい方大好きです!

 

相手が強敵であればあるほど、ファイトが湧きます(^ω^)

 

 

家庭の事情等でお支払いが困難な方はご相談下さい。

 

療庵一休は「療道の場」です、何も心配する必要はございません。

 

この世で私にしか出来ない役割を与えられた事に日々感謝しながら、整体施術をさせて頂いています。

 

 

古武術整体・活法 療庵 一休 庵主 中島 豪士

 

 

人生の意義は自分の器の範囲で、どこまで社会に貢献できるかだと私は思います。

人間には、物欲とか名声欲とか権力欲とかいろいろな欲望があって、どうしてもそれに惑わされてしまう。

1億円手にしたら次は10億円欲しい、人が100億円持っていたら自分はその上を行きたい。

権力にしても、俺があいつを従わせてやると。

 

しかし、そういう欲望をすべてそぎ落とした時に、自分に残るものが己の使命であり、役目なのではないかと思うのです。

 

私の役目は「苦しんでいる方の健康と笑顔を取り戻すこと」です。

それが第一の目的で、第二も第三もなく、全てです。

お金や見返りを求めて行うのではありません。

見返りを求めず、ただ眼の前の苦しんでいる方を全力を尽くして助けるのが私の役目であり、人生です。

 

これは開庵した当時から、患者さんや社会と約束し続けてきたことです。

 

私は、どこまでもその道を追究していきたいと思っています。